まだブログ出来上がっていません😅

「仮想敵は日本」韓国GSOMIA破棄の裏に軍備増強の歴史あり!

「仮想敵は日本」韓国GSOMIA破棄の裏に軍備増強の歴史あり!

韓国空軍は「1千キロ圏」での制空権確保を目標としており、その圏内には東京が入る。韓国空軍の代表が米国防総省を訪れ、空中給油機の売却を要請したこともある。米国側が「北朝鮮の奥行きは300マイル程度。給油機は不要では」と問うと、「東京を爆撃する際に必要だ」と言い放ったという。国防総省の担当者は驚いて日本側にそれを伝え、給油機は売らなかった。

韓国空軍は欧州のエアバス社製のA330給油機4機を発注、最初の1機は昨年11月に到着した。韓国空軍は「独島防衛に有効」と言っている。このほか、爆弾や対地ミサイルを最大11トン積める複座の戦闘爆撃機F15E(韓国用はF15K)59機を保有する。かのB29の最大9トンを上回る積載能力で、戦闘行動半径は1250キロ。空中給油無しでも東京を爆撃できる。

〈AERA〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00000053-sasahi-kr&p=2

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です