まだブログ出来上がっていません😅

GSOMIA失効まで2日…もう無理っぽいですね。アメリカ上院でも破棄取り消し決議案提出。でも最後までどうなるかわからないのが隣の国ですからね。

令和元年11月21日 夜のブレイキングニュースをお送りします。

こんばんは!ご無沙汰しておりました。

ご心配くださったみなさま、ありがとうございました。
また今日から動画投稿再開してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

GSOMIA破棄まであと2日となりました。
本日21日に韓国政府が最終決定をする会議があるとのことでしたが、もうダメみたいですね。

先程入ってきた記事をご紹介します。

GSOMIA 日本の変化なければ23日終了=韓国外相
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日の国会外交統一委員会で、23日午前0時に失効する日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「日本の態度に変化がない限り終了する」と答弁した。
GSOMIAの終了を一定期間、先延ばしする必要があるとの指摘には「日本の(対韓)輸出規制は不当で報復的であり、信頼を損ねる措置だった」として、「日本の変化がなければ決定を変える状況ではないと思う」と述べた。

聯合ニュース
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191121002400882

日本政府からは、韓国さんに対して「引き続き懸命な判断を求める」と、一貫した対応。
現駐韓大使の長嶺大使も「東アジアの安全保障で重要な役割を果たしており、韓国政府には賢明な対応を引き続き求めていきたい」
と公式発言が報道されました。

このまま平行線で「GSOMIAの破棄」が確定しそうですね。

さて、この流れは誰もが予想した結果となりましたが、アメリカさんはいかがでしょうか?

米上院にGSOMIA重要性訴える決議案提出 韓国に破棄取り消し促す

米上院外交委員会のリッシュ委員長とメネンデス筆頭理事、同軍事委員会のインホフ委員長とリード筆頭理事の4人は20日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の重要性を訴える超党派の決議案を上院に提出した。
 決議案は「GSOMIAはインド太平洋地域の安全と防衛、特に北朝鮮の核とミサイルの脅威に対抗するために死活的に重要な軍事情報の共有協定であることを確認する」とした。

(中略)

  決議案に法的拘束力はないものの、米議会が日韓の対立で北東アジアの安全保障環境が悪化する事態を極めて深刻に受け止めていることを示すものだ。
 23日の協定失効を控えたタイミングでの決議案の提出は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に協定破棄の決定を土壇場で取り消すよう促す意図が込められているとみられる。
 トランプ米政権は今月、エスパー国防長官やスティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)らをソウルに送り込み、文在寅大統領らに対して協定破棄の決定を撤回するよう要求していた。

産経新聞
https://www.sankei.com/world/news/191121/wor1911210015-n1.html

この動きはアメリカらしいですね。
圧力というより既成事実を作る動きの様に思えます。
今の韓国政府が「市民の意見を無視」してアメリカさんの言いなりにはならないでしょうからね。

韓国メディアの記事のコメントを見る限り、GSOMIA破棄は愚考という主旨のコメントも散見しました。
ですが、多くは「日本に一杯食わせてやったぜ!」という「感情論」なのか「扇動」なのかわかりませんけども、支持するコメントが多いようですね。
反日という言葉に踊らされて、自らのクビを締める様なマネをしている事に対して、手放しで喜べないところはありますが、
ここ数年見てきた韓国さんの動向を加味すると、


やっぱり「日本と韓国は一度離れた方がお互いのため」と考えざるを得ませんね。

韓国国内からは、外資がどんどん流出し、「コレグジット」や「コリアエクソダス」と呼ばれるまでになっています。

そりゃそうなんですよね。

GSOMIA破棄だけではなく、在韓米軍駐留費引き上げ交渉が、アメリカさんがプンプンで退席しちゃって「1時間程度」で切り上げられたり、
財閥企業が軒並みムーディーズから「格下げ」されたりと、負の材料が揃いすぎてますからね。

なんだかみたことあるアニメや映画のワンシーンの様なありさまです。

チームで頑張ってた仲間と思っていたら、ひとりのメンバーが別のメンバーの活躍に嫉妬して、
策謀と嫌がらせをし続けてたけど、見かねた他のメンバーが怒ったら、
「オレを大事にしろ!」
と逆ギレして、最終的には敵に寝返る。

しかもスパイとして…

みたいなね。

でも国際社会ってそんなに甘くないですよね。
果たして「負を撒き散らす」相手に「遠慮」なんてするでしょうかね?
日本ならしないかもしれませんけど、韓国さんの外資の殆どは「そうではない国」ですからね…

さて、まだまだ破棄確定まで2日もあります。

予想を覆す事にかけては、韓国さんの右に出る国はありません。

果たして、「感情」が勝つか、「国益」が勝つか。

個人的には、破棄した後にアメリカさんがどんな風にブチ切れるのか見てみたいところでもありますが、

絶対に破棄しないでくださいね

最後までご視聴ありがとうございました。

今日やっと「反日種族主義」を読み始めたんですけど、かなりおもしろいですよ。
知ってることばかりだろうと思ってたんですけど、まさかそんなことまで捏造してたの?!って事が。
とはいえ、書籍版で解説まで347ページもある分厚い本なので読了まで数日掛かりそうですが、
読み終わったら、書評の動画も作ってみたいなと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

また投稿が結構空いてしまいましたが、仕事も落ち着いたのでこれまでのように動画投稿していきますね。
ぜひこれからもよろしくお願いします!

それでは、また。


※現在ブログでのコメント管理が出来ないので、下記ツイートにリプライ(返信)を頂けたら幸いです!
 しばらくお手数をおかけいたします。