まだブログ出来上がっていません😅

GSOMIA破棄凍結・その後。韓国ネットの反応は?一夜明け報道をチェックしました。ついでにこれまでの簡単な経緯を添えて。

いらっしゃいませ

悲しみに明け暮れた23日0時。

そんな可能性は、心のどこかで、いわしの小骨が引っかかってるような、極々微細な違和感の様に感じていた方もいたでしょう。

まさかあのムンたんが、ここにきて日和るなんてね…

さて、そんな現在23日のお昼。

ここまでに出てきた情報をいくつかピックアップしてお届けしたいと思います。

今回は韓国さんのネットの反応も見てみたいと思います。

まずその前に、少しこれまでの流れを簡単におさらいしておこうと思います。

さかのぼること1年3ヶ月。2018年6月に、ホワイト国と行っている定期協議を韓国さんが拒否したところがことの始まりです。

  • 18年6月 ホワイト国定期会議拒否
  • 19年6月 G20を過ぎてもスルー
  •  7月 3品目輸出優遇措置解除、ホワイト国除外警告
  •       逆ギレボイコットジャパン、官製NOアベデモ等
  • 8月 ホワイト国除外閣議決定
  •       韓国さん「GSOMIA破棄」通告
  •       24日 GSOMIA破棄確定

そして、レーダー照射問題を経て、2019年6月末に行われたG20でもスルー。

安全保障の観点から、韓国さんをホワイト国から外すしか無いとの結論に至り、7月に入りすぐに3品目の輸出優遇措置解除。

このまま協議をしないのなら、ホワイト国除外を検討するけど?と通告。

すると「これは経済報復だ!」と逆ギレしてきました。

そして8月2日、日本政府はホワイト国除外の閣議決定。

この流れから、なぜか韓国さんは、

「おまえら!オレ様を安全保障上信用しないってんだな!だったらGSOMIA破棄だ!」

と、こんな逆ギレみたことないと、起源説を贈呈したくなるほどでした。

そして8月24日。日本国民が固唾を呑んで見守る中、無事GSOMIA破棄が確定しました。

ちょうどこの頃、今はもうどのメディアも話題にすらしなくなった、あの曺国のスキャンダルが出始めた頃で、
GSOMIA破棄も、そのスキャンダル隠しに利用したのでは?と噂されていましたね。

そしてそれから3ヶ月後の昨日。期限直前に凍結。

延長ではなく、「凍結」というところが韓国さんらしいですね。

これからも「破棄カード」利用していくぞ!という強い意思が感じられます。

これまでの経緯を考えれば、まったくダメージを与えられて無くて、むしろアメリカ兄さんを激おこさせただけなんですけどね。

さて、前置きが長くなりましたが、昨日の夜から今日の朝にかけての韓国さんはどのようになっていたのかをご覧ください。

日韓関係 ソウル市民「米は内政干渉やめて」「破棄は孤立」

日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて、「破棄すべきだ」と訴える市民団体の集会が、ソウル中心部で行われました。
ソウル中心部には、市民団体のメンバーおよそ20人が集まり「GSOMIAは完全に終了させろ」とか「アメリカは干渉するな」などとシュプレヒコールを上げて、破棄を訴えていました。
集会に参加した30代の男性は「GSOMIAの終了を決めたのは日本の経済報復措置や『徴用』をめぐる問題、そして、安全保障上、信じられないためだ。そんな日本と軍事情報を共有するのは話にならないし、当然、終了すべきだ」と話していました。
また別の30代の男性は「アメリカがGSOMIAの延長を強く求めていて、韓国大統領府が圧力を受けているようだ。アメリカに内政干渉はやめてほしいという意味で行動している」と話していました。
一方ソウル市内の繁華街では、50代の女性は「GSOMIAを破棄すれば、日本から得られる情報もなくなる。そうすると韓国は孤立してしまう」と話していました。
また30代の男性は「お互い利害関係があったから始めたと思うので、ずっと維持すべきだと思う」と話していました。
韓国の世論調査機関「韓国ギャラップ」が、22日発表した世論調査では、GSOMIAの破棄を決めたことについて「正しい」と答えた人が51%「正しくない」と答えた人が29%となっています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012187701000.html

さっそくロウソクの灯火が炊き突いていらっしゃいますね。

ですが、一方「破棄しなくて正解」という声も報道され始めています。

っていうか、NHKのこのニュース、なんか違和感ありませんでした?

一応両論併記はしているんですけども、たった20人の集会を大々的に取り上げ、さも多くの韓国人が反対している様にしていませんかね?

「日本の経済報復措置や『徴用』をめぐる問題」なんて、太いカッコまで使ってね。

わたしの思い違いならいいのですが。

釈然としないなー。

朝鮮日報を始めとした保守系メディアは、結構前から政権批判の記事を上げ始めており、完全に分断されている様相ですね。

韓国さんメディアはどうでしょうか。

わたしの要約記事をご覧ください。

GSOMIA、政府条件付き延期を決定。条件は「ホワイトリスト復帰、輸出規制解除」

韓国政府は、「いつでもGSOMIAを破棄する事が出来るとの前提の元、破棄効力を停止することとし、日本政府に伝えた。日本政府は理解を示している。日韓の対話が正常に行われる間は、WTO提訴も停止することにした。」と発表。
大統領府は、今回の合意は、ホワイト国復帰と、個別の輸出規制の解除の検討を意味すると説明。
輸出規制の協議が行われない場合、いつでもGSOMIAを終了させる事が出来る事を明らかにしました。
これまでどおり、日本政府に対し協議していくことを目標として提示した格好です。
青瓦台関係者は、交渉期限は来月31日であるとのこと。

ほのか新聞(朝鮮通信使)

結局「条件」って予想通りというかなんというか…ホント…ね…
一応、体面を取り繕うための国内向けのアピールってことだけはよくわかりました。

この記事に対し、韓国さんの反応はこんな感じ。

韓国ネットの反応

日米安保経済を破壊するために現在の政権を称賛します!正義の人たち41%の敵である右翼政府と支持者の中流階級の市民は、来年の総選挙で正しい票を投じなければならない!
結局GSOMIA延長じゃないの?文災害…
バカげた文政府は信頼を失った。信頼している人たちは完全に欺かれた。日本の犬と日本の違いはなんですか?結局ブラフでしょ?
この決定が他の要因を反映しているとしても、日本に手を差し伸べるという側面が、ボイコットと観光に対する国民の感情と一致しているかどうか、本当に問いただしたい。
これはただの政府レベルのショーでしかない。
私は韓国市民であることを恥ずかしく思います。
文大統領!今からでもとり下げてください!
あなたが正気なら、GSOMIAを破棄しないのは正しいことです。
崖っぷち戦略?こんなの北朝鮮と同じだろ。

日米安保経済を破壊するために現在の政権を称賛します!正義の人たち41%の敵である右翼政府と支持者の中流階級の市民は、来年の総選挙で正しい票を投じなければならない!

結局GSOMIA延長じゃないの?文災害…

バカげた文政府は信頼を失った。信頼している人たちは完全に欺かれた。日本の犬と日本の違いはなんですか?結局ブラフでしょ?

この決定が他の要因を反映しているとしても、日本に手を差し伸べるという側面が、ボイコットと観光に対する国民の感情と一致しているかどうか、本当に問いただしたい。

これはただの政府レベルのショーでしかない。

私は韓国市民であることを恥ずかしく思います。

文大統領!今からでもとり下げてください!

あなたが正気なら、GSOMIAを破棄しないのは正しいことです。

崖っぷち戦略?こんなの北朝鮮と同じだろ。

多くのコメントは「なぜ破棄しない!」という、日本と同じ論調ですね。

性質は違いますけど。

ですが、他の記事でもそうなのですが、破棄しなくてよかったという意見は結構あります。

事実そうなんですよね。韓国さん、衛星どうすんの?って話ですしね。

なにより現場の軍関係者は戦々恐々としているでしょう。

だって、この「破棄カード」を切るってことは、すなわち「米軍撤退」のデメリットを伴いますからね。

それでなくても駐留費5倍をぶっかけられて、その協議も1時間でアメリカ兄さんを怒らせて退席されちゃった実績がありますからね。

ここまでの流れから、韓国さんは「破棄カード」は切れないと思います。

国益を考えるならね。

ただ、先のGSOMIA延長期限の8月24日の時の様に、曺国のスキャンダル隠しや、支持率維持の為に平気で利用したりするからなぁ。

ホント…

ぜったいに破棄しちゃダメだよ

今後は、アメリカ兄さんによる「パーフェクトストーム」、日本の「パーフェクトゲーム」というキーワードが飛び交う気がしますね。

これからの韓国さんにご期待ください。

最後までご視聴ありがとうございました。

こういう展開で一番気にすべきは、先延ばし戦略に対する対応ですね。

昨日の経産省の会見を見る限り、ちょっと頼りない気がしたのはわたしだけでしょうか?

もしかしたら「電撃解除!ホワイト国復帰!」なんて、とんでもない事しでかしたりしないようにして欲しいなぁ…

とりあえずフッ化水素の行方をはっきり書いた書類と、盗んだ仏像を揃えて提出してから交渉のテーブルにつく様にいって欲しいな。

それでは、また。


※現在ブログでのコメント管理が出来ないので、下記ツイートにリプライ(返信)を頂けたら幸いです!
 しばらくお手数をおかけいたします。