まだブログ出来上がっていません😅

NHKについてパブリックコメント募集してます!ネット利用者から受信料を取る可能性を含むNHK案に反対しませんか?

関連リンクはこちらから

パブリックコメントを送る時はこのページから!

パブリックコメント募集ページ
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145209425&Mode=0

NHKインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方
https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000194384

NHK案(PDF)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000654086.pdf

いらっしゃいませ

現在政府が、NHKについてパブリックコメントを募集していることをご存知でしょうか?

その発端は、NHKが「ネット同時配信」を行う認可申請をしたことから始まります。

これのどこが問題かと言うと、

「ネット接続をしている人全員から、受信料を取る」

こうなる未来があるからです。

現段階ではその様な発表はありませんが、みなさん、今のNHKを信用できます?

だって、この「ネット同時配信案」ってこっそりやってたんですよ?

【締め切りまであと5日!】:『改正放送法の施行に向けたNHK関係の省令等の整備についての意見募集』意見・情報受付締切日2019年07月31日
https://togetter.com/li/1380551

改正放送法の施行に向けたNHK関係の省令等の整備についての意見募集の結果 ( 48,165件 )
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145209349&Mode=2

5Gなんかが普及した時に、一気に手のひらを返す可能性というか、そのつもりでしょ?

「テレビなし・スマホあり」の受信料は? NHKネット同時配信で
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/053000405/

【NHKネット配信スタートへ】テレビはないけどネットはある、という世帯の受信料はどうなる?
https://manetatsu.com/2019/06/189559/

更にいえば、ちょっと前にパブコメ取ってて何万というかなりの数が集まったのに、なんでまた?

これもこっそりやろうとしてたでしょ?

これに対し、高市早苗総務相は、

NHKに業務縮小を要請 ネット同時配信で総務相 実施基準案に懸念表明

総務省は8日、テレビ番組を放送と同時にインターネットで配信できるようにする常時同時配信に向けて、NHKが認可申請した実施基準案を再検討するよう要請したと発表した。ネット業務の費用が増える点などを問題視し、修正を求めた。現行案を事実上認めない考えで、NHKはネット業務の見直しが迫られそうだ。

 高市早苗総務相が8日の閣議後記者会見で、NHKの実施基準案に対する総務省の基本的な考え方を示し、受信料の在り方や業務見直しの検討を要請したことを明らかにした。「ネット活用業務を含むNHKの業務全体を肥大化させないことが求められる」との見解を述べた。

 総務省はNHKに対し、来月8日までに再検討結果を出すよう求めた。同時に総務省の基本的な考え方について今月9日から来月8日まで一般から意見を募集。それぞれの内容を考慮して、年内にも認可の可否を判断する。

 これまでNHKはネット業務の費用を受信料収入の2.5%までとするルールを定め、この範囲内で運用を進めてきた。受信料で年7千億円規模の収入を安定的に得ているNHKが事業を野放図に拡大すれば、民間放送事業者との市場競争が阻害されかねないと懸念されているからだ。

産経新聞
https://www.sankei.com/life/news/191108/lif1911080030-n1.html

関連記事

【主張】NHK同時配信 受信料の再値下げが先だ
https://www.sankei.com/column/news/191113/clm1911130002-n1.html

NHKのネット同時配信に、総務省が見直し要求。費用の肥大化懸念
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1217503.html

高市大臣が会見で発表したことで、大きく広まることとなりました。
もちろんお仲間のマスコミはこのパブコメについて、全然報道しませんけどね!

とりあえず、まずは日本の為の放送局になることが大前提です。
そうなれば、よろこんで受信料を支払いましょう。
だってみたい番組が流れているのであれば、その対価は支払います。
ですが、果たして今はそうでしょうか?
むしろ逆の、日本を貶めるような内容が散見してません?
替わりに、ファーウェイ、サムスンの製品を宣伝するような番組まであったりする始末。

netgeek

こんなところにお金を支払うなんて愚の骨頂です。

と、こうやって愚痴ってても仕方ないというのが今回の本題です。

この動画をご覧になっている方なら、政府がパブリックコメントという窓口を開いていることはご存知でしょう。

韓国に対するホワイト国除外のパブコメが、99割でしたっけ?
賛成の意見が来たというので話題になりましたよね。

韓国の「ホワイト国」除外を閣議決定 パブリックコメントは4万件超で95%が賛成 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/02/news091.html

そのパブリックコメントで、今回のNHKのことについて意見募集しています。

正確には、総務相の判断についてって感じですね。

まずは、総務相の関連ページからご紹介しますね。

日本放送協会のインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方についての意見募集

日本放送協会(会長 上田 良一)から、放送法の一部を改正する法律(令和元年法律第23号)による改正後の放送法(昭和25年法律第132号)第20条第2項第2号及び第3号の業務の実施基準の変更案について認可申請がありました。
 総務省では、当該認可申請に関する現時点の総務省の基本的考え方について、令和元年11月9日(土)から令和元年12月8日(日)までの間、広く御意見を募集します。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu07_02000171.html

では、パブコメの窓口を紹介しますね。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145209425&Mode=0

応募方法はいくつかあります。

メール、郵送、FAX、そしてこのページから行けるフォームの4種類です。

今回は「フォーム」での応募の仕方をご紹介します。

その前に基本情報をいくつか。

まず期限。

令和元年 11 月9日(土)から同年 12 月8日(日)まで(必着)

となっています。もうあまり時間がないんですよね…

文字数制限
「意見が 1000 字を超える場合、その内容の要旨を添付してください。」とのこと。
これ、パブコメのトップに書いておいた方がいいと思うな。
注意事項がPDFって、ちょっと不親切じゃないかな?

個人情報
「提出意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認のために利用します。」とあります。
そして、
「提出された意見とともに、意見提出者名(法人又は団体にあってはその名称及び代表者の氏名に限り、個人で意見提出された方の氏名は含みません。)を公表する場合があります。」だそうです。
個人の場合は問題ないようですが、法人や団体の場合は注意が必要です。

公示
「提出された意見は、結果の公示の際、必要に応じ整理・要約したものを公示することがあります。」
これも内容をちゃんと書いていれば問題ないですね。

このくらいかな。

前置きはいいから、とりあえず応募の仕方を教えろ!って方のために、先にフォームの書き方とか紹介しますね。

意外と簡単なので、どんどん応募しましょう!


まずは、このページの下にある「意見提出フォームへ」をクリックまたはタップしてください。

すると、このページへ飛びます。

あとはそのまま記入するだけです。

簡単ですね。

そしてここが重要なのですが、

わたしもそうなのですが、文字数1000文字じゃ全く足りなかったんですよね…
みなさんの中にもきっとそういう方は多くいらっしゃると思います。

そう、パブリックコメントは、

「ひとり一回」しか出せないという規約は「ありません」

つまり、思いの丈を1000文字以内で何度でも応募する事が可能です。

もちろん、業務に迷惑がかかるような事をしては本末転倒です。

ですが、NHKに対する思いを「直接政府」にぶつける事が出来るチャンスです。

この際、思いっきりぶちまけてやりましょう。

さて、パブコメの書き方がわかったところで、もう一度総務省のサイトに戻って、NHKが出してきた案と、総務省の考え方を詳しく見てみたいと思います。

と思ったのですが、かなり長くなるので、これは別途動画を作成したいと思います。

NHKの魂胆はこういうことでしょ?

今テレビにかじりついてみている人たちがどんどん減ってきて、自らの収益が減っていくことを懸念して、
とりあえずこっそりと今のうちに「法的にネット使用者全員から受信料を取れるように用意」しておこうとしてるんですよね?
それに対し高市大臣は「国民の声」を求めたわけです。

NHKの利権ってとてつもないですからね。なんとしてもその利権を守りたい人たちの策略。
怨念の様にドロドロした、とても気持ちの悪いオーラが漂いまくってます。

こんなの国民のために「ネット同時配信」をしようなんて思ってないでしょ。

こんな無茶苦茶な事を許さないためにも、「一件も多くの声」を届けていきましょう!

最後までご視聴ありがとうございました。

まずはパブコメの書き方をご紹介させていただきました。

本来なら、総務省の基本的考え方を合わせて知る方がさらにパブコメを書きやすくなると思います。
よろしければ、ぜひブログの方から

NHKインターネット活用業務実施基準」(案)
NHKインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方

の PDF を読むことをオススメします。

ホントこんなの、総務省の方で読み上げ動画とか作ってくれないかなぁ…
全部読むだけで1時間掛かったんですけど、そんな事する人ほとんど居ないんじゃないかなぁ…

でも、そういう情報もきっと大切。

改めて動画にしますので、その際はぜひ、「我慢して」ご覧ください。
きっとなにかひらめくヒントが隠されているかと思います。

それでは、また。


※現在ブログでのコメント管理が出来ないので、下記ツイートにリプライ(返信)を頂けたら幸いです!
 しばらくお手数をおかけいたします。

動画エンディング写真

京都府 晴明神社  五芒星井戸

撮影:酔っ払いブルース さん
Twitter: https://twitter.com/B6dJFyzyoObE33c