まだブログ出来上がっていません😅

朝日新聞がまた英語版でやってくれました…日本を貶めるためなら手段を厭わない姑息なやり口に抗議します。

いらっしゃいませ

朝日外国語版がまたやりやがったよ。

こいつら全く懲りないな。

っていうか、もう隠す気ないだろ。

みんな、この問題を「拡散」するの手伝ってください。

英語版なので、わたし訳でお送りしますね。

無駄に長いので、要訳して、主に捏造部分をピックアップします。

社説:GSOMIAは、東京とソウルが正気を取り戻すチャンスを逃した。

GSOMIA問題をもたらした根本的な問題はまだ対処されていない。

過去数ヶ月の不合理な口論の再発を回避するため、ソウルと東京の両方は、関係回復のために歩み寄らなければならない。

両国は、市民に害を及ぼすの負のスパイラルを止めなければならない。

ソウルが8月に、東京に対しGSOMIAを廃止する意向を通知したのは、日本の対韓国に対するより厳しい輸出管理措置への対抗措置だった。

ソウルは11月22日に、いつでも再び協定を終了する用意があることを強調し、東京に適切に対応するよう要求した。

7月に、突然発行された日本の韓国に対する厳しい輸出管理政策は、事実上、昨年末以来、戦時中の韓国人労働者に対する補償問題の取り扱いに対する報復措置にほかならない。

輸出規制措置は、韓国の製造業を警戒するだけでなく、日本の「high-handedness」に対する世論を強めた。

以来、韓国人の日本への訪問者は、観光産業の落胆にともない劇的に減少しており、これはあらゆる種類の個人交流プログラムに深刻な影響を与えている。

しかし今、文政権は報復措置のさらなるエスカレーションを控えているため、日本は正気を取り戻さなければならない。

政府は、輸出管理政策を真剣に考え、本質的に厳しい措置を取り除く必要がある。

両国の間にある本当の問題は、日本企業に戦時朝鮮人労働者への補償を命じた韓国の最高裁判所の判決に両国がどのように対処すべきかということだ。

文大統領と安倍首相は、譲歩は政治的敗北という考え方から抜け出さなければならない。

朝日新聞英語版
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201911230034.html
魚拓: http://archive.is/g0aAD

これ、ガチだよ。

少しずつSNSなんかでも広まりつつあるから、よかったら原文読んでみて。

あと、途中「high-handedness」っていう言葉があったんだけど、これうまく訳せなかったんだよね。
調べてみたら「高飛車」とか「強硬な」とかそういう意味なんだけど、わたしには「ネトウヨ」としか読めなかったんだよね。

輸出規制措置は、韓国の製造業を警戒するだけでなく、日本の「ネトウヨ」に対する世論を強めた。

こう訳すとしっくりくるんだよね。
この点、もしわかる方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントで教えていただけると助かります。

みんな言いたいことはあるだろうけど、少し整理しましょう。

ポイントは3つ。

1:「韓国も悪いが、日本も悪い」というどっちもどっち論

朝日だけではなく、日本を貶める事を社是とするマスコミは、南が不利な状況になるといつもこれ。
日本人でもこれに惑わされる人がいるというのに、海外から見たら、これが日本の世論と思っちゃうよね。

2:「輸出規制」は、韓国に対する「報復措置」

これは何度も何度も指摘されてるよね。
朝日は海外版でずーっと「輸出規制」そして「報復措置」という記事を出し続けてるんだよね。
さらには一度も訂正してない。
これは、慰安婦問題でもずっと「従軍慰安婦」「性奴隷」と書き続けていたのと同じだね。
昨年8月、訂正記事を一応書いたけど、
「海外向けなのに海外から見るのを難しくするために検索エンジンにひっかからない」様にしてるのがバレて大炎上した「朝日メタタグ問題」だね。

朝日新聞「慰安婦誤報」の謝罪記事――ネット民が暴いた姑息な“検索逃れ”

朝日新聞デジタルで、過去の慰安婦報道での過ちを認めた英訳記事や、日々の誤報を伝える「訂正・おわび」の記事で、インターネット上の検索を困難にするプログラム(メタタグ)を設定していたことが発覚した。自分たちの誤報・虚報は、誰にも読ませない――こんな本音が垣間見えたことで、特にネット上では怒りの声が高まっている。

デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/08270600/?all=1

朝日新聞の慰安婦報道問題

2018年8月、朝日新聞平成26年8月5日付朝刊に特集「慰安婦問題を考える 上」に掲載された記事の英訳版のソースに、検索エンジンによってサイトが表示されるのを抑制する「noindex」「nofollow」「noarchive」の3つのメタタグが埋め込まれていることが発覚した。発覚のきっかけとなったのは、ケント・ギルバートが上記の訂正要求を行った際に英文による告知について「2014年8月5日付記事の英訳版は『朝日新聞デジタル』で2014年8月22日に掲載し、現在も下記のURLで全文閲覧できます」との反論されたが、URLを確認し検索エンジンで問題の記事を検索しても見つけることができなかった事で、この経緯を動画などで明かしたところ、視聴者からメタタグの存在が指摘された。朝日新聞広報部はこのような設定がなされていたことについて、「2014年8月22日に慰安婦関連の英語記事を複数本、デジタル編集部が配信しました。公開前に記事を最終確認するため、いったん社内のみで閲覧できる状態で配信し、確認を終えてから検索可能な状態にしました。その際、2本のタグ設定解除の作業が漏れてしまいました。現在は修正してあります」と回答している。同問題は8月28日、菅義偉官房長官(当時)の定例記者会見で質疑応答がなされる事態まで発展した。

wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/朝日新聞の慰安婦報道問題

小狡い姑息な卑怯者なのかな?

もう説明する必要もないだろうけど、本当は「輸出規制」じゃなくて「戦略物資3品目の輸出管理厳格化」。
南に輸入した「サリンや大量破壊兵器に再利用出来る物資」をテロ支援国に密輸していた事実が発覚したから、
「安全保障の観点」から、「どうなってんのかリストに出して説明してね」と呼びかけたけど無視。

日本は「仕方なく」これまでみたいに簡単に輸出できないようにするけど、「ちゃんと管理するならだすよ」と「最大限の猶予」を与えた。

これでも正直甘すぎると思うけどね。

それを「輸出規制」だと。

日本の「報復措置」だと。

何に報復したのかというのが、最後のポイント。

3:「戦時中の韓国人労働者に対する補償問題」に対する「報復措置」

いわゆる「元応募工問題」への報復措置だと、まだ言ってる。

全く別の話だから。

テロ支援国に「危険な物資」を横流しするような国に輸出するような国。
つまり、南に輸出する「日本」の信用問題になるわけだよね。

きっとこれは国際的に問題になってたってことだろうね。

G20の直後だったってのもあったし、その時にしっかり話がされてただろうね。

「南ヤベーよ」って。

関係ない問題を結びつけるのは、南のお得意な外交手法ではあるんだけど、
昨年末のレーダー照射事件の時と同じ様に「日本に対してはどんな理不尽も許される」と思ってるからね。

ここは強調しておきたいけど、
南には「日本に対して嫌がらせしてる」っていう意識はないと思うよ。
彼らはね「本当に日本が悪い」って思って行動してる。
「本当に日本のせい」と思ってる。
「本当に日本は韓国に嫌がらせしてる」って思ってる。

「そんなわけあるかよw」と思うだろうけど、ガチでそう思ってるよ。

これは違う話になっちゃうから詳しく説明しないけど、良かったら「理気二元論」をググってみてね。
あとは、「大口歩也」さんの動画を見ればその理解が深まると思います。

韓国社会では「記憶の改変」が起きているわけではない?

大口さんブログ: 日韓問題(初心者向け)
https://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar1777164

https://www.youtube.com/watch?v=UnCTeSO6_Y8

さて、ここまで見て「朝日の記事って誰が書いた」と思います?

もはや日本のメディアじゃないよね。

今回の一件。本当は単に、南の「自爆」なんだけどな。

この記事、わたしには悲鳴のようにも聞こえたんだけど、日本人にダメージあったっけ?

つまり…

そういうことじゃないかな?

まぁ、そうじゃないとしたら、とんでもない脅迫を受けて無理矢理書かされたとしか思えないよね。

さて、ここで当事者のひとりであるアメリカはどう思っているのかを見てみましょう。
ワシントンポストの記事を要訳しますね。

米国と韓国の66年にわたる同盟関係は、深刻な問題に直面している

リチャード・アーミテージ元国務副長官と、ビクター・チャ戦略国際問題研究所は連名で、
「韓国が大切な合意をてこにして、米国を韓国と日本の経済的、歴史的紛争に介入するように強制した。これは同盟乱用行為だ。」と韓国政府を強く批判した。
「情報協力を中断したいという韓国の脅威は、北朝鮮の核とミサイル試験発射に対応する日米韓の能力を低下させるだけでなく、韓国の安全保障利益が日米安保の利益と分離されかねない。」と指摘。

2017年に韓国が米国のTHAADを受け入れたことを受け、中国は韓国企業に圧力をかけた。にもかかわらず、韓国は依然として中国の提案した「一帯一路」に参加したいと考えており、米国の「自由で開かれたインド太平洋構想」を支持していない。

韓国は、東アジアの覇権を中国に売り渡すつもりなのか。

https://www.washingtonpost.com/opinions/the-66-year-alliance-between-the-us-and-south-korea-is-in-deep-trouble/2019/11/22/63f593fc-0d63-11ea-bd9d-c628fd48b3a0_story.html

アーミテージ氏とチャ氏は「東アジアの安全保障のプロ」です。

そのお二人の「警告」にも似た発言が話題になっています。

内容としては、南だけじゃなくて、トランプ大統領にも苦言を呈しているんですけどね。
こんな状態なのにアメリカ兄さんは

「米軍駐留費5倍をふっかけ、その交渉の席から1時間で退席するのはおかしい」

とも指摘。

正直笑っちゃったけどね。

つまり、アメリカも現在の南は「中共寄り」であると認識しているということです。

現在南が日本に対してさまざまな嫌がらせをしていると思っている方も多いでしょうが、
それが彼らにとって「国益につながる行為」をしているに過ぎないという見方もしていく必要がありますよね。

その国際的な流れがある中での「朝日英語版の記事」。

これ、日本の国益と信用を「著しく貶めている」と思いませんか?

わたしは決して、朝日の「反日行為」を許すべきではないと考えます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こんな愚行をスルーすることも「反日行為」に加担することになるのではないでしょうか。

国際的に見れば「朝日も日本」なんです。

それを是正出来るのは、わたしたち日本人だけです。

このことを広く知らしめ、一刻も早く「訂正記事」を出させる様に働きかけていきたいと思います。

そして、一刻も早く

「廃刊」

していただきましょう。

それでは、また。

エンディング画像

京都府 菅原道真公を祀る 北野天満宮の手水舎

京都北野天満宮:公式サイト
〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町

写真:奥本明彦さん
Twitter: https://twitter.com/akihikojiharu


現在お試しで「みなさんが撮影した神社の写真」を募集しています。
もしご興味のある方は、下記記事をご覧になっていただければ幸いです。
よろしくおねがいします!


※現在ブログでのコメント管理が出来ないので、下記ツイートにリプライ(返信)を頂けたら幸いです!
 しばらくお手数をおかけいたします。